中禅寺温泉

奥日光の四季折々の姿を映す湖畔の湯

温泉の紹介

奥日光の入り口、中禅寺湖のほとりにある中禅寺温泉。
男体山の麓に広がる中禅寺湖は、その青い湖面に四季の彩りが映える美しい湖。
特に紅葉に映える中禅寺湖は絶景と言われています。
また周辺には、奥日光三名瀑と呼ばれる滝の名所が点在しています。
湖畔には建立784年の日光二荒山神社中宮祠や日光山中禅寺立木観音が。
寺社を巡り、雄大な自然の神秘を感じた後は乳白色の湯でくつろぎの時間を。

温泉の効果・特徴

源泉は日光湯元温泉。
昭和26年から引き湯を開始。
約78度と源泉は高温ですが、12キロ余りの距離を移動する間に入浴に適した温度になると言われています。
泉質は硫黄泉。
神経痛、高血圧、慢性消化器病、糖尿病、動脈硬化などに効能があるとされています。
  • 泉質

    硫黄泉
  • 効能

    末梢循環障害 アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 表皮化膿症 慢性湿疹

アクセス

公共交通機関でのアクセス

東武日光駅からバスで約40分

お車でのアクセス

清滝ICから車で約30分

ようこそ、Reluxへ