新平湯温泉(奥飛騨温泉郷)

出雲族の伝承残る、奥飛騨の名湯

温泉の紹介

岐阜県高山市にある新平湯温泉は、周辺にある平湯温泉、福地温泉、栃尾温泉、新穂高温泉と合わせて奥飛騨温泉郷を構成している温泉地の一つです。乗鞍岳の北麓にある平湯温泉から山あいの道をさらに奥へ車で15分ほど進んだ先にあり、秘湯の雰囲気を存分に味わうことができます。奥飛騨温泉郷の中で最大規模を誇る新平湯温泉は、近代的なホテルから昔ながらの風情を残す旅館まで、様々な趣向を楽しむことができます。

温泉の効果・特徴

新平湯温泉の開湯の時期は不明ですが、その昔、長旅で疲労した出雲族の人々が、蜻蛉の神様に教えられて温泉を発見したという伝承が残されています。円空仏で有名な江戸時代の僧侶・円空が入浴したという記録も残っています。その泉質は単純泉と塩化物泉。神経痛やリウマチ、疲労回復などに効能があるとされています。
  • 泉質

    単純温泉 塩化物泉
  • 効能

    冷え性 末梢循環障害 自律神経不安定症 うつ状態 不眠症 きりきず 皮膚乾燥症

アクセス

公共交通機関でのアクセス

高山駅からバスで約70分

お車でのアクセス

高山ICから車で約50分

ようこそ、Reluxへ