草津温泉

存分に温泉三昧ができる天下の名湯

温泉の紹介

群馬県の北西、草津白根山を越えればもう長野という場所に位置する温泉地。


「天下の名湯」「日本三名湯」の肩書きを持つ草津温泉。辺り一面を覆う湯煙からは硫黄泉の独特な香りが漂い、「湯畑」と呼ばれる源泉を中心に新旧150軒もの宿が建ち並びます。

自然湧出量日本一の高温の温泉としても知られ、「源泉かけ流しの天然温泉」を名乗っています。
また、恋の病以外効かない病はない、と言い伝えがあるほど温泉効能が高い。

温泉の効果・特徴

源泉掛け流しの天然硫黄泉は強力な殺菌力を持ち、地元の人々は昔からその湯で傷を癒してきました。

泉質は硫黄泉、硫酸塩泉
効能は経痛、関節痛、疲労、冷え性など

自噴泉としては日本一の湧出量で毎分3万2300リットルを誇ります。

高温の湯を源泉のまま入浴する為、草津節に合わせて大きな板を使って湯を冷ました後、号令で一斉に3分だけ入浴する独特の入浴方法があみ出されました。
  • 泉質

    硫酸塩泉 硫黄泉
  • 効能

    神経痛 五十肩 筋肉のこわばり 冷え性 末梢循環障害 軽症高血圧 きりきず

アクセス

公共交通機関でのアクセス

JR長野原草津口駅から車で約20分

お車でのアクセス

関越自動車道 渋川伊香保ICから車で約80分

ようこそ、Reluxへ