秋保温泉

歴史書にも登場した、効能豊かな渓谷の湯

温泉の紹介

宮城県仙台市太白区秋保町、仙台都心からもほど近い温泉地。そのアクセスの良さから、仙台市民にも愛され続けてきました。

市内を流れる名取川が浸食して作り上げた磊々峡(らいらいきょう)は必見。遊歩道も作られているので、ゆっくりとお散歩してみるとよいでしょう。

秋保工芸の里や万華鏡美術館などをはじめ、日本三大名瀑、秋保大滝などの観光スポットがあります。所説はありますが、その規模は圧巻。特に夏はおすすめです。

温泉の効果・特徴

西暦500年中盤には秋保(あきう)温泉の効能の噂を聞いたという欽明天皇が、その湯を運ばせたという記録があるほど歴史は古く、古墳時代にはあったという説も。

泉質は、塩化物泉。神経痛、リウマチ、腰痛、肝臓病、皮膚病などに効能があります。
  • 泉質

    塩化物泉
  • 効能

    関節リウマチ 腰痛症 神経痛

アクセス

公共交通機関でのアクセス

仙台駅からバス・車・タクシーで約30分

お車でのアクセス

仙台南ICから車で約15分

ようこそ、Reluxへ