松之山温泉

日本の原風景に出会える謙信の隠し湯

温泉の紹介

雪深い越後の山村にある温泉地が、上杉謙信の隠し湯と呼ばれている松之山温泉です。

松之山温泉は、草津温泉、有馬温泉と並び日本三大薬湯と称され、約1,200万年前の化石海水とされる温泉水はメタホウ酸値含有量日本一となっています。

温泉から程近いところに星峠の棚田があり、朝昼夜と日本の原風景をお楽しみいただけます。

温泉の効果・特徴

松之山温泉は、日本三大薬湯の素となる消毒効果があるとされるメタホウ酸だけでなく、美肌効果をもたらすというメタケイ酸含有量も豊富な温泉となっています。

泉質は塩化物泉で、きりきずや末梢循環障害、冷え性、皮膚乾燥症、うつ状態などに効能があるとされています。温泉の発見はおよそ700年以上前のことで、「鷹が傷を癒しに谷間の温泉に飛び降りてゆくのを見つけた」という言い伝えもあります。
  • 泉質

    塩化物泉
  • 効能

    冷え性 末梢循環障害 うつ状態 きりきず 皮膚乾燥症

アクセス

公共交通機関でのアクセス

北越急行ほくほく線・まつだい駅からバスで約27分

お車でのアクセス

関越自動車道・塩沢石打ICから車で約60分

ようこそ、Reluxへ