十勝川温泉

天然保湿成分いっぱいモール温泉

温泉の紹介

広大な十勝平野の真ん中に位置し、十勝地方の中心地となっている帯広市の東側にあるのが十勝川温泉です。
十勝川温泉は十勝川の河畔にあり、十勝で獲れる海山の幸と共に、天然保湿成分がいっぱいという珍しいモール温泉を楽しむことができます。
十勝平野の観光スポットに向かうにはとても便利。帯広では豚丼、池田では十勝ワインを味わえます。
雄大な自然に親しむだけでなく様々なグルメもお楽みいただけます。

温泉の効果・特徴

アイヌの人達の間で「薬の沼」と言い伝えられていたという十勝側温泉は、1874年(明治7年)にその存在が記録に残されています。
温泉地としての開湯は明治33年とされ、1933年(昭和8年)に十勝川温泉と名付けられました。
泉質は炭酸水素塩泉ですが、泥炭層(亜炭層)を通って湧き出ていることからモール温泉と呼ばれ、植物性の天然保湿成分がいっぱい含まれる美人の湯と称されています。
  • 泉質

    炭酸水素塩泉
  • 効能

    冷え性 末梢循環障害 きりきず 皮膚乾燥症

アクセス

公共交通機関でのアクセス

JR北海道根室本線・帯広駅からバスで約28分

お車でのアクセス

道東自動車道・音更帯広ICから車で約18分

ようこそ、Reluxへ