北湯沢温泉

開拓者を癒した長流川沿い、渓谷の名湯

温泉の紹介

北海道伊達市にある北湯沢温泉。長流川沿いの渓谷に、大小8軒ほどの宿泊施設が集まっています。

長流川はこの地域のみ、川床が緑色凝灰岩の岩盤が露出した状態になっており、その景観は「白絹の床」と名付けられて人気の観光地となっています。

夏の緑、秋の紅葉、冬の雪景色と四季を通じて渓谷の景観を楽しみながら、川魚やきのこなどの山の幸、近海からあがる海の幸をご堪能ください。

温泉の効果・特徴

北湯沢温泉の開湯は明治以降。この地に入植してきた人々によって開かれ、開拓の疲れを癒す名湯として親しまれてきました。

その泉質は単純泉で、リウマチや神経痛、皮膚病に効能があるとされ、古くから湯治場としても人気を博しています。
  • 泉質

    単純温泉
  • 効能

    自律神経不安定症 うつ状態 不眠症

アクセス

公共交通機関でのアクセス

伊達紋別駅からバスで約50分

お車でのアクセス

伊達ICから車で約40分

ようこそ、Reluxへ